​法定相続情報一覧図・遺産分割協議書

■ 法定相続情報一覧図の作成

現在,相続手続では、お亡くなりになられた方の戸除籍謄本等の束を相続手続を取り扱う各種窓口に何度も出し直す必要があります。
法定相続情報証明制度は、登記所(法務局)に戸除籍謄本等の束を
提出し、併せて相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を出していただければ、登記官がその一覧図に認証文を付した写しを交付します。その後の相続手続は,法定相続情報一覧図の写しを利用いただくことで、戸除籍謄本等の束を何度も出し直す必要がなくなります。

戸除籍謄本等の収集や遺産分割協議書作成と併せて依頼いただいておりますので、お気軽にご相談下さい。

■ 遺産分割協議書の作成

残された遺産を相続人の話し合いによって分割することを遺産分割といい、その話し合いの内容を記録に残す書面が「遺産分割協議書」です。

遺産分割協議書は、相続人全員が了承したという事実を確認するために記名と押印が必要です。

また、この遺産分割協議書の作成は法律で定められた形式もなく作成も任意ですが、不動産がある場合、相続による名義変更登記をする際に法務局に提出する必要があります